幼・保一体化園の役割と意義

幼・保一体化園誕生は『幼稚園と保育園の両方の長所を生かす施設に対するニーズの高まり』が大きな要因です。幼稚園は学校教育法第22条により『義務教育およびその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。』と定められております。幼稚園の位置付けは、小学校入学に向けての教育機関として位置付けられます。幼稚園の良さは『友だちが多い』『庭が広い』『カリキュラムが充実している』『預かり保育を柔軟に利用できる(利用に際しあまり制約がない)』ことがあげられます。一方、保育園は、児童福祉法第39条の規定に基づき『保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達をはかることを目的とし、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進する。』と定められております。保育園の位置付けは、お子さまの養護を中心に教育も一体的に行う福祉施設の位置付けです。保育園の良さは『長時間保育』『給食』『家庭的な雰囲気での保育』『異年齢児の縦割り保育』があげられます。

各々の長所を活かし、若竹学園では平成17年4月に県北で最初の幼・保一体化園を川本若竹に設立しましたが、平成21年4月寄居若竹のオープンをもって、篭原・川本・寄居の3園すべてが幼・保一体化園としての機能を持つことになりました。一般的には無認可保育園との一体型が多いのですが、若竹学園の幼・保一体化園はすべての施設が、認可幼稚園と認可保育園の一体化型であることが特徴です。この特徴を活かし、次のようなケースで問題が解消され、大勢のご家族に喜ばれております。

 今、子どもたちを取り巻く環境は激変しております。私たち学園スタッフの願いは、昔、あたりまえのように安全であった遊び場、大勢の友だちとの触れ合いの場を、子どもたちに取り戻し、それぞれのお子さまの個性、特性を思う存分に伸ばせる環境をつくることです。そして、核家族化や雇用形態の変化により、保護者さまがさまざまなライフスタイルの選択を余儀なくされる中で、お子さまの成長過程および個々のご家族の事情に応じて対応できる保育環境を充実させることであります。この幼・保一体化園が、お子さまとご家族の夢多き未来に向けて、少しでもお役に立てれば幸いです。