コース紹介


幼児のための3レベルから成るコースです。
学習歴、英語力によってクラス分けをしています。

KA:簡単なあいさつから入り、無理なく日常の単語やフレーズに慣れ親しんでいく。
KB:聞き取った英語に、積極的に反応しコミュニケーションをとることができるようにする。
KC:徐々に文字を書く練習を始め、アルファベットの認識力をアップする。

2020年までに、小学校5・6年生は英語が教科化されることとなり、それに伴い小学校3・4年生でも週1〜2回の外国語活動が実施されることになります。これまで5・6年生で行われた英語教育の前倒しとなり、幼児英語教育の強化が加速していくことが予想されます。
また将来、多様な文化理解や世界に通用するコミュニケーションスキルを習得し、国際人として活躍するためには英語というツールが必要不可欠です。
小学校での早期英語教育だけにとらわれず、世界で活躍できる人材育成を目指し、KFLでは今後も社会のニーズに対応したカリキュラムを実施していきます。

小学生のための6レベルから成るコースです。
学習歴、英語力によってクラス分けをしています。

お子さまの英語力の強化を目標にEA〜EFまでの6コースを用意しております。上位のコースへステップアップし、より高度な英語知識を身につけることができます。また、文法学習では「主語とbe動詞」「単数、複数の違い」「一般動詞の肯定、否定、疑問文を使ったさまざまな表現と質問に対する答え方」「現在形、過去形、未来形の構文」など上位コースでは大人顔負けの英語力を身につけることができます。

2020年までに、小学校5・6年生は英語が週3回、教科化されることが決まりました。基本的な読み書きなど、これまで中学校でおこなっていた内容も盛り込まれ、成績評価も実施されます。今後ますます、早い段階での英語学習が重要視されることは必至です。
KFLではこれまでもコミュニケーションを中心に、楽しみながら英語に触れることを大切にしてきました。これからも英語のシャワーをたくさん浴び、自然に英語を身につけるという理念に変化はありませんが、さらに早い段階で英語力を強化していくため、これまで以上に読み書き指導にも力を入れていく予定です。

 

中学生のための3レベルから成るコースです。
学年・学習歴・英語力によってクラス分けをしています。

幼児・小学生から身につけた「聞く」「話す」の力を引き続き伸ばし、中学校の授業で重要となる「読む」「書く」能力も強化していきます。KFLならではのレッスン内容ですので、中学生になっても4技能をバランスよく伸ばすことが可能です。

 

更に上のレベルを目指す皆さんには、特別コースがあります。高得点での試験合格を狙うなら、英検Jr.(児童英検)コースがお勧めです。レギュラーコースで身につけた基本的英語力を基に、特別コースでは試験に出やすいポイントを効果的に習得することができます。レギュラーコースとうまく組み合わせて、更にレベルアップを図りましょう!

年長〜小学生対象
リスニング形式中心の、 児童が「できた!」という喜びを実感し、それが英語学習の動機づけとなることを目指すコースです。

児童が挫折感を味わうことなどがないように合否はつけないで、「正答率」で評価する英検Jr.(児童英検)を受験します。さらに上の目標を目指していけるように、進級の目安を示す「ステップゾーン」を設けてあります。 楽しみながらボキャブラリーを増やし、 練習問題にも挑戦しながら 出題傾向に慣れていくことができます。 実用英語検定に挑戦する前に、英語に親しみ興味・関心を持たせ、試験に出る単語やフレーズを身につけていくことができます。体を動かすアクティビティーも取り入れながらレッスンを進めていくので、勉強という感覚ではない、楽しい学習方法です。

 

小学生、中学生対象
実用英語技能検定に挑戦するコースです。
更に上のレベルを目指す皆さんには、特別コースがあります。高得点での試験合格を狙うなら、断然対策クラスがお勧めです。レギュラーコースで身につけた基本的英語力を基に、特別コースでは試験に出やすいポイントを効率的に習得することができます。レギュラーコースとうまく組み合わせて、更にレベルアップを図りましょう!

目標をしっかり持ち、英検合格対策に取り組んでいます。 本人のやる気を促す授業内容で、実用英語検定合格実績5級から2級の合格者が誕生しています。

多くの生徒さんが幼稚園年長〜小学校低学年のうちに英検Jr.(児童英検)コースで徹底してリスニング能力を鍛え、その後英検コースに上がって来ているので、スムーズに点数を伸ばしていくことができます。もちろん、筆記試験で重要な単熟語や文法も丁寧に指導し、過去に出題された問題を解くことによって、試験本番を意識しながら力をつけることができます。

 

幼児、小学生対象
学年に応じた楽しいCD− ROM を使って、 パソコンを使い難しい内容もゲーム感覚で学ぶことにより楽しみながら効果的に学ぶことができるコースです。
レギュラーコースに+αすれば、英語といっしょにパソコンのスキルも伸ばすことができます。

主にリーディング、リスニング、 英語によるコミュニケーション能力の向上に効果的です。タイピングに必要不可欠なアルファベットの習得にも効果をあげています。

幼児向けの CD-ROMでは簡単な英単語やアルファベット、フォニックスの学習をゲーム感覚で飽きることなく進めていくことができます。パソコンに慣れてきたらタイピングの基礎も学ぶことができます。小学生向けのCD-ROMでは、英語で算数のゲームをしたり、英文法や英単語を学び素早くタイピングできるように指導しています。また、ヘッドフォンマイクを使い、会話をしながら学習する教材も取り入れ、中学英語を意識した内容となっています。

 
時間割
 
平成28年度 クラス表(篭原)
  火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
14:00〜
14:50
【募集】
幼児コース
年少
  【募集】
幼児コース
年中
    KB@ KBA 【募集】
幼児コース
年少
  【募集】
パソコン
幼児@
15:00〜
15:50

KBA

KCB KCA 【募集】
幼児コース
年長
  KCA KCB 英検Jr.
(児童英検)
BRONZE幼児
   
16:00〜
16:50
  EA 【募集】
EA
小学生
        英検Jr.
(児童英検)
BRONZE小学生
   
17:00〜
17:50
ED EC EC EB EB ED EB 英検Jr.
(児童英検)
SILVER
英検
5級
パソコン
小学生@
18:00〜
18:50
EF   ED EF     EE 英検Jr.
(児童英検)
GOLD
英検
4級
パソコン
小学生A
19:00〜
19:50
英検コース
2級
JB             英検
3級
 
20:00〜
20:50
                英検
準2級
 
 
コース一覧
幼児英語コース
・KC(5,6歳児)
・KB(4,5歳児)
・KA(3,4歳児)
小学生英語コース
・EF(高学年 上級)
・EE(高学年 中級)
・ED(中学年 初級)
・EC(中学年 初級)
・EB(低学年 初級)
・EA(低学年 入門)
中学生英語コース
・JC(中学生 上級)
・JB(中学生 中級)
・JA(中学生 初級)
英検Jr.(児童英検)コース
・児童英検 ゴールド
・児童英検 シルバー
・児童英検 ブロンズ
英検コース
・英検2級
・英検準2級
・英検3級
・英検4級
・英検5級


   
平成28年度 クラス表(川本)
  月曜日
15:00〜
15:50
【募集】 
幼児コース 初級
年少・年中・年長
 
16:00〜
16:50
幼児コース 中級A
年中・年長
 
17:00〜
17:50
小学生コース
EA
小学生
EC

 

平成28年度 クラス表(寄居)
  月曜日 水曜日 木曜日
14:00〜
14:50

 

【募集】
幼児コース
年少

【募集】
幼児コース
年中・年長
   
15:00〜
15:50
KCA KCB KBA 英検Jr.@
(児童英検)
BRONZE
幼児
 
16:00〜
16:50

 

EA

【募集】
小学校
低学年

英検Jr.A
(児童英検)
小学生
 
17:00〜
17:50
ED EC EB 英検Jr.B
(児童英検)
小学生

英検コース
@

18:00〜
18:50
EF

 

ED

 

英検コース
A
19:00〜
19:50

 

 

 

 

英検コース
B
 

※注:同じ曜日に2つ以上のレッスンを受ける場合、レッスン数で週○回が決まります。
(例:火曜に2つのレッスンの場合、週2・火曜に1レッスン、金曜に2レッスンの場合、週3回扱いとなります。)
※幼児コース名のあとにAまたはBの記号は、KFLでの学習年数を意味します。

コースの選択について

週1回コース
幼児・小中学生

週1回決められた時間割の中で、ご都合のよいレッスンと時間を1つ選びます。

週2回コース
幼児・小中学生

週2回決められた時間割の中で、ご都合のよいレッスンと時間を2つ選びます。
(例:KCクラスを別々の曜日に週2回、KCクラスとパソコン、EAクラスと児童英検クラスの週2回)

週3回 固定コース
幼児・小中学生コース

週3回決められた時間割の中で、ご都合のよいレッスンと時間を3つ選びます。
(例:KCクラス・パソコンクラス・児童英検クラス、ECクラス・パソコンクラス・英検クラス)

週3回以上 固定コース
小中学生コースのみ

時間割表による週4回以上の授業回数を固定して授業を受けます。
(例:KCクラスを週2回、パソコンクラス・児童英検クラス)

※週2〜4回の組み合わせについては、上記以外にも多数あります。それぞれのレベルに応じて担当講師または事務局がご相談を受け付けております。

▲ページの上に戻る▲
Copyright©2009 - 2013 KFL ENGLISH SCHOOL All Rights Reserved