学校法人県北若竹学園

〒369-1222 大里郡寄居町大字露梨子414-1

TEL:048-581-0372

  1. (学)県北若竹学園
  2. 寄居若竹幼稚園トップ
  3. 教育理念
教育理念

お子さまの発達にはそれぞれ差があり、それが個性や特徴となってあらわれます。この個性や特性のちがいを一人ずつ大事にして、何を望んでいるか、何に興味を持っているのかを正確に把握することが指導の最重要点と考えています。同じ環境のなかでも、ものごとの受け止め方や関わり方などは、成長が早い時期ですから、月齢差などの影響も大きく関係します。それぞれの個性を大切に把握し、ご両親になりかわるつもりでご指導させていただいております。

創立者・学園長 田中喜美

 

豊かな環境のもとで

心身が発達する幼児期において、日常の環境は、お子さまの未来に大きな影響を与えます。
ご両親の愛情あふれる、ご家庭での「生活環境」を基礎に、県北の豊かな「自然環境」に包まれ、その上に成り立つのが若竹幼稚園での先生や友だちと触れ合う「人的環境」、そしてお子さまがたが日々使用する園舎、園庭、遊具などの「物的環境」です。
ゆとりあるやさしい心の成長のために、若竹幼稚園では施設・遊具・排水・教育器材・器具などを充実させることが重要と考え、広い園庭と園舎のもと、さまざまな設備を整えています。

 

頭と身体と心が、たくさんのものに触れ

お子さまの生活の中心は遊びです。
一生懸命遊びながら体験する喜びや悲しみ、達成感や充実感、挫折感、葛藤、チームワークなどが、調和の取れた人格を形成していきます。
子どもたちが自発的に行う遊びは、極めて重要な学習なのです。
若竹幼稚園における教育も、遊びを通しての指導が中心になっています。

 

個性と思いやりが育まれます。

とくに3才を過ぎるころから、お子さまたちは強く自我を持ち始めます。
わがままになりがちなこの時期を、一人ひとりの個性を尊重しながら、他の自我と触れ合う集団生活を通して友だちへの思いやりも生まれてきます。
自分自身と友だちを意識すること。
若竹幼稚園では、両方の気持ちを大切にし、必要に応じて調整しながら見守ってまいります。
成長に伴い、自分と世界との関わりを深く見つめられる、豊かな人間性を持った人になってくれると信じているからです。